医院案内

コンセプト

当院は、飼い主様と動物の立場に立った、優しい院内環境づくり、安心できる優しい医療を心がけております。
普段の様子を知られているご家族様との会話から、人の様に話すことができない動物さんの病気の早期発見や、より良い治療法を見つけられることも多く、皆様に何気ない事までご相談いただける親しみやすい病院になれるようスタッフ一同努めてまいります。

診療対象動物

犬・猫
小型哺乳類(ウサギ、ハリネズミ、ハムスター、フェレット、チンチラ、モルモット、デグーなど)

エキゾチックアニマルについて

当院では、犬・猫のほか、エキゾチックアニマルと呼ばれる小型哺乳類の診察を行います。
病気やケガの治療はもちろん、日々の健康管理や飼い方、習性などでお困りのことはお気軽にご相談ください。

医院の様子

  • 外観

    ポッケ動物病院の外観になります。駐車場は10台駐車可能です。

  • 外待合

    病院外にはベンチをご用意しています。他の動物さんに緊張してしまう子、お外が好きな子、動物さん同士触れ合いの場所としてもご活用ください。

  • 受付

    受付カウンターは広く、鞄置きやリードフックも設置しております。受付左横の診察室は第一診察室。ワンちゃんメインの診察室です。

  • 第一診察室

    受付に向かって左側にあるのが第一診察室。ワンちゃんメインの診察室で、中のモニターで、レントゲンやエコー検査の結果をご説明することができます。

  • 第二・第三診察室

    受付に向かって右側にある第二診察室はねこちゃん、第三診察室はエキゾチックアニマルさんの診察室です。

  • レントゲン室

    レントゲンで撮影した映像をコンピュータで読み取り、データ化する装置です。

  • 手術室

    清潔な環境で麻酔の導入から覚醒までを行います。エキゾチックアニマルさんの麻酔下での処置もこの部屋で行います。

  • 入院室

    ワンちゃん、ねこちゃん、エキゾチックアニマルさんの3部屋に別れています。ワンちゃんとねこちゃんの入院室の間の扉は遮音扉になっており、それぞれの動物さんが極力ストレスを感じないように配慮されています。

  • 屋外ドッグラン

    病気でお散歩に行けない子や、ホテル中お外でのお散歩が苦手なワンちゃんが運動するスペースです。病気の子のリハビリをする場所としても役立ちます。

  • 大型犬舎

    大型犬さん、もしくはホテル中に複数の動物さんを一緒のお部屋で過ごさせてあげたい方のために大きいお部屋もご用意しています。

診療設備

  • 超音波検査

  • ICU装置

  • 生体情報モニター・麻酔器
    人工呼吸器

  • 超音波スケーラー

  • 電気メス

  • オートクレーブ

  • 温風マット

  • 検眼鏡・耳鏡

  • 生化学分析装置

  • 血球計数装置

  • 顕微鏡